リビンマッチファン管理人さんの記事一覧

不動産契約の瑕疵担保責任について

リビンマッチの不動産契約解説

不動産の契約にあたって注意深くチェックすべき項目のひとつが、瑕疵(かし)担保責任です。 不動産の取引では、売買が成立した後のトラブルを防ぐために、売り主へ「瑕疵担保責任」という法的な責任が生じます。「瑕疵」とは「不動産の不具合」のことです。売買が成立した後で買い主が不動産の不具合を発見した場合、売り主が事前に気づかなかったとしても、売り主がその不具合に対応する必要があります。 買い手は引き渡しを受けた不動産に不具合を見つけた場合、どれくらいの期間、どのくらいの範囲で対応してもらえるのか確認する必要があります。また、売り手も瑕疵担保責任について明らかにしておかないと、不当に長い期間、瑕疵担保責任を負うことになります。 さらに、民法の改正によって2020年4月から「瑕疵担保責任」という言葉は使われなくなり「契約不適合責任」となります。内容も改正されており、買い主に有利、かつ売り主に不利な内容になるといわれています。 ここでは不動産契約における瑕疵担保責任と、契約不適合責任について解説します。不具合に相当することはなにか。どのくらいの期間、どのくらいの範囲に及ぶのか。どのような形で責任を果た […]

中古住宅へ住み替えるときの不動産契約

リビンマッチの不動産契約解説

日本は「新築信仰」と表現できるほど、家を買うなら新築、という価値観が長らく根づいていました。ですが最近では、中古物件を購入してリノベーションする、あるいはリノベーションされた中古物件を購入する、という選択肢を選ぶ人も増えてきました。リノベる、カチタスといった中古住宅再販事業者が成長していることからも、中古物件のリノベーションのニーズが高まっていることは間違いないでしょう。 特に子育てを終えた50代から60代のシニア層が、夫婦二人で住むには広すぎる持ち家を売却して、管理が行き届きやすい小さな中古物件を購入してリノベーションする、というケースが多いようです。 また、若年層の間でも、高価な新築物件を購入するより、安価な中古物件を購入してリノベーションしたほうがいい、という価値観が広がってきているようです。 このような住み替えの場合、中古物件の売却と中古物件の購入、ふたつの不動産契約を並行して行うことになります。売り手にも買い手にもなるため、中古物件の不動産契約についてよく知っておきましょう。 不動産契約のポイント まず、一般的な不動産契約のポイントをおさらいしておきましょう。ここでは公益社団 […]

リビンマッチコラムで不動産契約の基礎知識を学ぼう

リビンマッチの不動産契約

多くの不動産取引では大きな金額が動きます。また、複雑な法律もかかわります。したがって、不動産取引にあたっては契約の内容をよく確認することが重要です。とはいえ、法律の専門家でない一般人が不備のない契約を結ぶことは難しいでしょう。 そこで活躍するのが宅地建物取引士という国家資格を持つ宅地建物取引業者、いわゆる不動産会社です。不動産会社は、不動産取引における法律の専門家でもあります。不動産会社に不動産取引の仲介を依頼すれば、法的なトラブルは起こりづらいでしょう。 ですが、不動産会社にすべてをお任せしてしまえばよい、というわけではありません。不動産会社に悪意がなかったとしても、不利な契約内容になっている可能性があります。宅地建物取引士は、重要事項を説明する義務は負いますが、契約書の内容すべてを説明する義務は負わないためです。 古くより「知は力なり(knowledge is power)」といいます。また「法の不知はこれを許さず」という言葉もあります。法律の専門家ではない私たちも、不動産取引に関する基礎的な法律の知識は持っておくべきでしょう。 日本最大級の不動産ポータルサイト「リビンマッチ」は、 […]

リビンマッチが高値で買い取れる理由

リビンマッチの不動産契約

不動産を売却するときは高値で売りたい、不動産を買い取りしてもらうときには高く買い取って欲しいと思う方がほとんどなのではないでしょうか。 不動産比較のポータルサイトであるリビンマッチでは、不動産を高値で売却したり、高値で買い取ってもらえたりすることが可能です。その理由は一体なんなのでしょうか。 リビンマッチが高値で買い取れる理由や、リビンマッチの不動産買い取りについて紹介していきます。 リビンマッチについて リビンマッチはリビン・テクノロジーズ株式会社が運営をしている不動産比較サイトです。 リビンマッチでは主に「不動産売却」「不動産買い取り」「任意売却」「土地活用」「賃貸管理」「リノベーション」「注文住宅」「人材紹介」「不動産求人情報」等のサービスを行っています。 リビンマッチの特徴として、「2006年のスタートから約12年の運営実績」、「今までに受け付けた査定依頼や資料請求件数が累計で140,000件を突破」、「大手不動産会社から地元の不動産会社まで、全国で1,400社以上(サービスごとに社数は異なる)の不動産会社がリビンマッチに参加」。 他にも「リビンマッチの各種サービスは、最短45 […]

リビンマッチの不動産契約解説とは _TOPのバックアップ

リビンマッチの不動産契約

目次 不動産契約って難しい?? リビンマッチファンの管理人が不動産取引で主張したいこと これだけは押さえておきたい!不動産契約の心構え リビンマッチのカテゴリー ▼リビンマッチ不動産売却 ▼リビンマッチ任意売却 ▼リビンマッチ不動産買取 ▼リビンマッチ土地活用 ▼リビンマッチ賃貸管理 ▼リビンマッチリノベーション ▼リビンマッチ注文住宅 ▼リビンマッチ人材紹介 ▼リビンマッチ全国不動産会社データベース リビンマッチ利用者の声 ▼「結果的には、仲介ではなく買取をして頂けた」 ▼「一括査定をする前に自分の値段を見つけることが大事」 ▼リビンマッチ不動産売却でのよくある疑問 不動産契約って難しい?? そんな疑問を解決したく、リビンマッチ(旧スマイスター)を参考にこのサイトを立ち上げました。 不動産屋さんの言われるままに取引を終えたものの、実は最善の契約ではなかった!ということがあります。 不動産契約には専門的な知識が不可欠となっています。宅地建物取引士、いわゆる宅建と呼ばれる国家資格を持っていないと行えない業務があり、不動産会社はひとつの事務所において従業員5人あたり1人の宅建士を置く必要が […]

リビンマッチで不動産買取も一括査定

リビンマッチの不動産契約

「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「不動産買取における契約事項の確認」です。 不動産買取は一般的な不動産売却、つまり不動産会社が仲介することによる売却とは異なる方法で不動産を売る方法です。リビンマッチでは不動産買取に強い業者とも提携しているため、リビンマッチを利用して仲介による売却と買取による売却の両方を検討する、といった方法を採用することもできます。もちろんリビンマッチなら査定の問い合わせは無料で、個人情報も厳重に守られます。 リビンマッチが解説:不動産買取とは? 普通、不動産を売却する場合は「売り手」であるあなたと「不動産会社」が仲介契約を結び、不動産会社が「買い手」を見つけて売買契約を結びます。つまり取引にあたって、当事者が三者いることになります。不動産会社の取り分は、売買金額の数パーセントにかかる仲介手数料です。 対して、不動産買取は「売り手」であるあなたから「不動産会社」が直接不動産を買い取ります。不動産会社の取り分は、買い取った不動産を転売することによる差額です。不動産買取の場合、仲介手数料はかかりません。 リビンマッチはネットで手軽に複数社へ査定の問い合わせがで […]

リビンマッチの活用でスムーズな不動産売却を!

リビンマッチの不動産契約

「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「不動産売却における契約事項の確認」です。不動産売却の流れについておさらいしつつ、契約事項において注意したいポイントを押さえていきます。 リビンマッチで不動産の査定を受ける 不動産売却における最初の一歩です。ひとつの不動産会社だけでなく、複数の不動産会社から査定を受けることを強くお勧めします。所有している不動産の価値をより客観的に把握することができますし、一番高く売ってくれる不動産会社を選ぶこともできます。複数社から査定を受けるのであれば、ネットで一括査定の申込ができるリビンマッチがお勧めです。リビンマッチならいくつかの情報を入力するだけで簡単に一括査定を申し込むことができます。 また、リビンマッチを通じて査定を受けたとしても、必ず契約しなければならないわけではありません。単に現在の不動産価値が気になる、という場合でもリビンマッチを利用できます。申込時には「メールのみの連絡を希望する」ということも可能ですから、忙しい方にはなおさらリビンマッチが適しています。 リビンマッチで探した不動産会社と仲介契約を結ぶ リビンマッチを通して複数の不動産会社 […]

リビンマッチから学ぶ!不動産契約のポイント

リビンマッチの不動産契約

ひとくちに不動産契約と言っても、様々な形の契約が存在します。リビンマッチでは多くの不動産契約に対応していますので、ニーズに合わせた不動産契約を選ぶことをお勧めしています。現状、リビンマッチが対応しており、一般の私たちが関わるであろう不動産契約は以下の通りです。 ・不動産売却 ・不動産買取 ・任意売却 ・賃貸管理 ・土地活用 ・リノベーション ・注文住宅 以上のように、リビンマッチは豊富な不動産契約に対応しています。不動産売却ひとつとっても、リビンマッチは1,400社以上の不動産会社と提携しており、簡単な手続きで最大6社から売却額や条件について査定を受けることができます。もちろん査定を受けたからといって必ず契約しなければいけないわけではありません。また、忙しい方にとっては電話ではなくメールのみで連絡したい、という方もいらっしゃることでしょう。リビンマッチでは「メールのみの連絡を希望」とすることもできます。 リビンマッチを利用した査定はあくまで情報収集の段階です。どんどんリビンマッチを活用して、より良い不動産取引を実現する第一歩を好調にスタートしましょう。 さて、情報を収集したのちには不動 […]

不動産契約で知っておくべき契約締結の流れと注意点

リビンマッチの不動産契約解説
im1

「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「不動産契約で知っておくべき契約締結の流れと注意点」です。 不動産を契約する機会は多くないので、契約手順がよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 予想外のトラブルを防ぐためにも、契約までの流れや、チェックすべき契約内容を知っておきましょう。 契約の基本を知ろう! ここでは、不動産契約における基本的な事柄を解説していきます。 不動産契約の基本 不動産の契約は購入時と売却時で少し異なりますが、いずれも「宅地建物取引業協会会員」、または「REINS」の不動産会社への相談から始まります。 売却時 売却希望物件の査定後、不動産会社と媒介契約を結んで売りに出します。査定料は無料の不動産会社がほとんどです。売却が決まったら「売渡承諾書」に署名捺印し、重要事項の説明を受けたあとで売買契約書を作成します。 購入時 不動産会社に希望物件の相談をします。物件が決まったら、詳細を確認したうえで「購入申込書」に署名捺印しましょう。売買の条件が決まれば、重要事項の説明を受けたうえで、売買契約書を作成します。 このように、どちらの場合でも「重要事項」の説明を受 […]

ブロックチェーン技術がもたらす不動産業界への革命とは

リビンマッチの不動産契約解説
im3

「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「ブロックチェーン技術がもたらす不動産業界への革命とは」です。 仮想通貨の登場により「ブロックチェーン」という言葉を知った人は多いでしょう。このブロックチェーとはンの技術が今後発展をしていけば、不動産契約の業務効率化や安全な取引に大きく貢献できます。不動産業界で働く人は、ブロックチェーンがなにか気になっているのでないでしょうか?ここでは、ブロックチェーンの基礎から、不動産業界にもたらす効果について解説します。 基礎から学ぶ!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、ビットコインの中核となる取引データ技術です。取引データの履歴のことを「トランザクション」と呼びます。トランザクションがまとまったものを「ブロック」、このブロックが連続で保存された状態のものを「ブロックチェーン」といいます。 ブロックチェーンは分散して管理されるのが大きな特徴です。個々のコンピュータに情報は保存されていきます。銀行のような特定の機関が関与しないため、権限が一カ所に集中することはありません。そのため、システム障害に強く、金融サービスで有効活用できるのではないか?と大 […]

ページの先頭へ