《リビンマッチ》媒介契約とは

リビンマッチでは不動産の売却価格を一括査定を行うことが可能です。 一括査定を行ってもらい、気に入った不動産会社があった場合には その会社と媒介契約を結ぶこととなります。 今回もリビンマッチコラムより媒介契約について解説致します。 不動産を売却する為には、不動産会社と「媒介契約」を結ばなければなりません。媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、どれを選ぶかで悩まれる方もいるのではないでしょうか。西鉄不動産株式会社 大手門本店 佐藤店長にお勧めの媒介契約はどれなのかを伺いしました! 不動産会社側からすると専任契約や専属専任契約を結んでほしいと思うのですが、売主様にお勧めの契約はどれなのでしょうか。 結ぶ媒介契約の種類以上に、その営業マンに不動産の売却を任して大丈夫かどうかというところが一番大切だと思います。ただ、専任・専属専任媒介契約と一般媒介契約で大きな違いがあるのが、専任・専属専任媒介契約の場合は、不動産会社が売主に売却活動の報告の義務があると言うことです。一般媒介契約の場合は売却活動の報告もいらないし、極端に言えば売却活動をしなくてもいいことに […]

《リビンマッチ》売買契約とは

リビンマッチサイトでは様々な不動産サービスの一括比較だけでなく、 不動産取引について役立つ知識が掲載されています。 中でもおすすめなのが、リビンマッチコラムです。 リビンマッチコラムの中で、不動産取引に必須となる売買契約について 解説しておりましたのでご紹介させていただきます。 「売買契約」とは、不動産の売却において売主と買主が条件に合意し、不動産の取引を確定させる契約になります。売買契約が締結されると一定の要件がないかぎり解除することはできません。そのため、事前に契約内容を十分に確認する必要があります。 売買契約の事前準備 売買契約は、売主と買主が対等の立場で契約を行うことが大原則です。そのため契約を締結した後は、契約書の内容に従い義務の履行をするという責任を双方が負います。もし、契約を締結してからトラブルが生じた場合、契約書の約定に基づいた処理をすることになりますので、契約に際しては契約書の内容を十分に確認することが重要です。 売買契約を締結する前に決めておかなければならないことがいくつかあります。取引する不動産を確定することは当然のことですが、それ以外にも買主の借入先や借入金額等 […]

《リビンマッチ》そもそも契約ってなに?

不動産の取引では様々なシーンで契約を結ぶことになります。不動産売買を行う際には業者との媒介契約を、また売主が見つかった場合には、売買契約、土地活用の場合には、銀行への融資を依頼し、融資契約を結ぶことになるかもしれません。 そもそも契約とは性質があるのでしょうか。 不動産契約の始めの一歩 ■契約とは 契約とは、法的効果を持つ約束です。「金曜日の午後1時に会おう」という友達同士の約束を破っても、法的に責められることはありません。しかし、取引先に「金曜日の午後1時に納品する」と約束したとき、それを破れば法的責任を追求される可能性があります。「契約で取り決めた果たすべき約束を債務といい、債務を履行(実行)しないことを、債務不履行といいます。債務不履行があったとき、相手方は法的責任を追求できるのです。 つまり契約とは、契約の目的を達成するために当事者が履行すべき債務、および債務が履行されないときの法的措置を取り決めることです。債務不履行については、当事者に責任がある場合と、地震や台風など当事者に責任がない場合に分けて考えます。 ■双務契約 売買契約では、売主は物件を引き渡し、買主は代金を支払うと […]