《Mr.リビンマッチが解説する》不動産とは

勉強する男の子

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産契約解説サイト」今回は「不動産とは」です。

そもそも不動産 とは、何なのでしょうか。民法は、不動産を次のように定義しています。

(不動産および動産)
民法第86条 土地およびその定着物は、不動産とする。
(第2項以下省略)

第1項は、土地が不動産であることを明らかにし、同時に土地の定着物も不 動産とします。定着とは、「ある物・場所などにしっかりついて離れないこと」であり、土地に定着する物には、建物、樹木、庭石、擁壁、石垣などがあります。
樹木や庭石などは、それらが定着している土地に含まれる、つまり土地の一部となることによって、不動産の範疇に入ります。

定着物は、原則的に土地の所有権に服しますが、例外がふたつあります。

第一の、そして重要な例外は建物です。建物は、基礎により土地にしっかりついているので、定着物にあたります。 私たちは、土地とその地上にある建物は、別個の不動産であることを当然と考えます。しかし実のところ、そのような考え方は、世界的に見れば特殊であり、建物を土地から切り離して別個の不動産とすることは、日本特有の制度といえます。
もうひとつの例外は、山にある樹木の集団であり、特別に立木としての所有権保存登記等をすると、それが根付く土地とは別個の不動産となります。

なお建物は、登記がなくても、その敷地とは別個の不動産となります。

不動産の内訳とは
民法の本則と例外的取扱いを整理すると、実際に不動産と 不動産の内訳して取り扱われるものは、次のようになります。

1、土地そのもの(民法の本則)
2、建物(定着物であるが、単独で不動産となる
3、立木(定着物であるが、保存登記などにより、単独で不動産となる)
4、庭石、塀など(単体ではなく、土地に付着することにより、不動産となる)

詳しくいえば、工場に備え付けられた機械器具なども不動産の扱いを受けますが、さしあたり上記の通りで、日常実務では十分でしょう。