《Mr.リビンマッチが解説する》契約ガイド:登記簿の構成

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産契約解説サイト」今回は「契約ガイド:登記簿の構成」です。

登記簿は、登記所に保管されている公簿とことをいいます。不動産の情報については。不動産登記簿謄本(登記事項証明書)にて確認することが可能です。今回は不動産取引に必須となる登記簿の構成についてご案内いたします。

表題部と権利部

登記簿は、大きく表題部と権利部に分かれます。最初に表題部があり、権利部がそれに続きます。 権利部はさらに甲区、乙区に分かれ、全体で3つの部分から構成されています。
表題部は、表示に関する登記を記録し、不動産の物的状況を示します。土地については、所在・地番・地目・地積等を、建物については、所在・家屋番号・種類・構造・床面積等を記録しています。

権利部は、権利に関する登記を記録し、権利の状況を示します。甲区には、所有権に関する事項、すなわち所有権保存登記、所有権移転登記およびその仮 登記、処分の制限等に関する登記等を記録します。こ区には、所有権以外の権 利、すなわち抵当権・根抵当権、地役権および賃借権等の設定・移転および抹消等の登記を記録します。

表示と権利に関する登記

表題部に行う登記を表示に関する登記、権利部に行う登記を権利に関する登記といいます。 建物を新築したときは、まず、表示に関する登記である表題登記をして、あらたに登記簿をつくります。表題はラベルという意味ですから、新しい土地や 建物ができたときに、まず表題登記をして表題部をつくることは、権利に関する登記を入れる登記簿という箱をつくってラベルを貼ることで、不動産の出生届にたとえられます。

表示に関する登記をしない限り、所有権保存登記のような権利に関する登記はできません。
所有権保存登記は、表題登記をした不動産について、所有権を明確にするために行う登記です。乙区に記録される抵当権や地役権などは、所有権に制限を加える、いわば網をかけるようなものと考えればよいでしょう。