《リビンマッチ》契約ガイド:土地登記簿の表題部

設計図

土地登記簿の表題部

土地登記簿の表題部は、大きくふたつにわかれます。ひとつは、「所在」 までの上の部分、もうひとつは、その下に続く、地番・地目・地積を表示する部分です。

登記簿の右上には不動産番号が記載されます。不動産番号は不動産を特定するための番号で、不動産1個ごとに付けられます。不動産番号の隣は「調製」の欄となります。「調整」の欄には、従前様式の登記簿をコンピュータ様式へ移記した年月日を記録します。最初からコンピュー タ様式で作成されているときは、「余白」と表示します。

一つ下、2段目の左部には「地図番号」を記載されます。該当の土地に関して「地図」 が整備されている場合、その地図の番号を記録します。地図の代表的なものとしては、国土調査による地籍図があります。
地図番号の右側は「筆界特定」の欄があります。その土地について筆界特定の申出がなされ、筆界が特定された場合に、その旨を記録します。

その下部には、所在・地番・地目・地積を記録する欄があり、地番には(1)、地目には(2)、地積には(3)の数字を付けます。これら の数字は、あとで登記内容の変更や更正をするときに、変更・更正する項目を示すために使います。

右下部には、「原因及びその日付」と「登記の日付」を一括して記録する欄があります。「原因及びその日付」の欄は、その登記をする原因(事柄)、およびそれが起きた年月日を記録します。原因には、建物の新築・増築など、土地の分筆・合筆などがあります。「登記の日付」の欄は、登記が完了した年月日を記録します。

登記内容を変更・更正をする場合は、順次、下に欄を増やして記録します。

登記簿の項目

所在 所在は、不動産の位置を特定するもので、市区町村および丁目・字までを記載します(都道府県名は書かない)。 「字」は、地名を示すために古くから使われている言葉で、所在を「字○○」 と表示します。現在は住居表示の実施が進んだので、「字」の代わりに、「××○○丁目」が多くなっています。
「字」を含むより広い範囲を示す言葉に、「大字(おおあざ)」があり、「大字○○字××」と表示します。大字は、明治以降の町村合併により、吸収合併された村の名前に由来するものが多いとされます。

地番 地番は、1筆ごとの土地に付けられる番号で、土地を特定するために使います。「1番137」と表記した場合、うしろの数字(137)を枝番といいます。1番の土地から枝別れ(分筆)した番号という意味です。

地目 地目は、土地の用途のことで、宅地、田、畑、山林などです。不動産登記法により、全部で23種類あります。 地積は、土地の面積で、地目が宅地の土地、および10m未満の土地は小数点第2位まで表示し、それ以外の土地は、小数点以下を切り捨てて表示します。

コメントを残す