《Mr.リビンマッチが解説する》契約ガイド:マンション登記簿

イメージ

「Mr.リビンマッチが解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産契約解説サイト」今回は「契約ガイド:マンション登記簿」です。

マンション登記簿の構成

マンション(区分建物)登記簿の表題部は、通常の建物と様式が違います。マンションは、専有部分とそれに対応する敷地権を別々に処分できず、つねに一体として扱うのが原則だからです。
戸建住宅は、土地と建物ふたつの登記簿がありますが、区分建物は、一体化 した敷地を取り込んだ建物登記簿だけです。

区分建物は、1棟の建物の中に多くの個別専有部分があるため、登記簿も「全体」と「個別」の2部分から構成されます。全体である「一棟の建物」は、建 物全体(一棟の建物の表示)と建物が建っている敷地(敷地権の目的となる土地) を表示します。個別である「専有部分の建物」は、専有部分とそれに対応する 敷地権を表示します。

 

全体建物

最初に、一棟の建物の中に存在するすべての専有部分の家屋番号を一覧表示します。次に「一棟の建物の表示」が続きます。 「一棟の建物の表示」は、建物全体の表示です。一棟の建物は、各専有部分全体建物を包含する建物全体ですから、家屋番号はなく、種類の表示もありません。したがって、次の項目のみを記録します。

1、 所在
通常の建物と同じで、敷地の地番を記録します。
2、建物の名称
「建物の名称」の欄は、「一棟の建物の表示」と「専有部分の建物の表示」 のそれぞれにあります。「一棟の建物の表示」では、マンションやビルの名称を記録します。
3、構造・床面積・原因及びその日付 ※これらは、通常の建物と同じです。
4、敷地権の目的たる土地の表示
敷地権の目的となる土地を表示します。

個別の専有部分

専有部分の建物の表示には、所在の欄がありません。すで 個別專有部分に一棟の建物の表示に記録されているからです。
1、家屋番号
専有部分は独立した1個の建物なので、それぞれに家屋番号をつけます。 家屋番号に枝番がついているのは、一棟の建物の中に複数の専有部分があるからです。
2、建物の名称
住戸の番号を記載し、通常は、家屋番号の最後の枝番と一致します。
3、種類・構造等
通常の建物と同じです。ただし、専有部分は一棟の建物の中にあり、屋根はないので、屋根の表示はありません。
階数は、1階建と表示しますが、平家建と同じで、建物がひとつの階層だけであることを示します。建物が1階にあることではありません。ふたつの 階層からなるメゾネットの場合は、2階建とします。
4、附属建物
トランクルームが別にある場合は、附属建物とします。
5、敷地権の表示
6、表題部所有者
専有部分の表題登記は、区分建物完成時に全部を一括して事業者が行います。購入者がそれぞれ別個に表題登記をすると、区分建物全体の統一が取れなくなるおそれがあるからです。
よって、表題部末尾の所有者の欄には、表題登記をした事業者の名称を記録します。通常、私たちが見る登記簿では、この欄の表示が抹消されています。それは、マンションの購入者が所有権保存登記をすると抹消されるからです。