「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「契約ガイド:建物の滅失登記」です。

「リビンマッチ」の活用される方の中には頻繁に不動産取引を行っている方、土地活用としてマンションや施設の運営等を行っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。今回の記事では土地活用を行っていらっしゃる方に必須となる知識です。

マンション経営、施設の運営をやめ、他の目的での運用を考えた場合どのような手続きをすべきかについてお話いたします。施設の運用目的を変えた場合、運用を停止することを考えた場合には登記簿についても変更する必要があります。建物の建築の際に作成した登記簿を停止する手続きについて覚えていきましょう。

建物の滅失登記とは

滅失登記は、現在ある登記簿を除却するための登記です。表題登記を出生届にたとえれば、滅失登記は死亡届といえます。建物を取り壊すことにより現実の存在はなくなりますが、それと連動して、 自動的に登記上の存在がなくなるわけではありません。取り壊した建物を登記 上からなくすためには、滅失登記をする必要があります。

滅失登記をすると、登記簿表題部の記録事項をすべて抹消して閉鎖します。閉鎖された登記簿を、閉鎖登記簿といいます。

建物を取り壊したときは、1か月以内に滅失登記をすることが義務づけられ ていますが、実際は、滅失登記をしないままになっているケースがあります。 その結果、現状は更地なのに、登記上は地上に建物があることになります。滅失登記は、建物を取り壊したらすぐに行うべきであると強く主張致します。