「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「ブロックチェーン技術がもたらす不動産業界への革命とは」です。

仮想通貨の登場により「ブロックチェーン」という言葉を知った人は多いでしょう。このブロックチェーとはンの技術が今後発展をしていけば、不動産契約の業務効率化や安全な取引に大きく貢献できます。不動産業界で働く人は、ブロックチェーンがなにか気になっているのでないでしょうか?ここでは、ブロックチェーンの基礎から、不動産業界にもたらす効果について解説します。

基礎から学ぶ!ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、ビットコインの中核となる取引データ技術です。取引データの履歴のことを「トランザクション」と呼びます。トランザクションがまとまったものを「ブロック」、このブロックが連続で保存された状態のものを「ブロックチェーン」といいます。

ブロックチェーンは分散して管理されるのが大きな特徴です。個々のコンピュータに情報は保存されていきます。銀行のような特定の機関が関与しないため、権限が一カ所に集中することはありません。そのため、システム障害に強く、金融サービスで有効活用できるのではないか?と大きな注目を集めているのです。

ブロックチェーンの基本的な仕組みについて

ブロックチェーンは分散して管理されており、個々のコンピュータで情報が管理されています。この形式を「P2P」といい「分散型取引台帳」とも呼ばれています。金融機関を経由することなく、個人間でシステムを管理し合う構造です。ブロックチェーンは個々のコンピュータで管理されているため、取引の情報をリアルに更新することはできません。実際にビットコインの取引には、約10分かかるといわれています。このように、取引に数分かかってしまうのがブロックチェーンの特徴です。

「ブロック」はハッシュ関数で暗号化されている

取引データの履歴(トランザクション)は、さまざまなデータが記録されています。これらの履歴がまとまって、ブロックを形成していくのです。このデータはオープン化されているため、誰でも確認することができます。誰でも確認することができると、一見、情報を改ざんできるように思う人もいるかもしれません。しかし、ブロックはハッシュ関数を使って暗号化されているので、情報を改ざんすることはできないのです。

不動産契約の業務効率化・ブロックチェーンの可能性について

仮想通貨の登場によってブロックチェーンの技術に大きな関心が寄せられています。その技術を活用することによって、不動産業界にも革命を起こすことができるでしょう。ここでは、ブロックチェーンを活用することによって得られるメリットを紹介していきます。

中央集権化を防ぐことができる

ブロックチェーンを活用することで、金融機関の仕組みのような「中央集権化」を防ぐことができます。システムエラーなどが出てしまった場合、中央集権化の仕組みは大きな損害が出てしまいます。しかし、情報を分散して管理することで、このような心配が不要になるのです。

海外送金の低コスト化の実現

ブロックチェーンを活用すると、特定の金融機関を介さなくてすみます。そのため、海外への送金コストを大幅に下げることができます。通常、数百円から数千円の手数料が海外送金時には発生していました。しかし、ブロックチェーンを活用することで、このような手数料を抑えることができるのです。

データの改ざんが不可能

ブロックチェーンを活用することで、データの改ざんなどの悪質行為を減らすことができます。ブロックチェーンは暗号化されて分散して保存されていきます。保存されたデータは不可逆性があるため、改ざんすることができません。意図的に改ざんすれば、すぐに不正が明らかになる仕組みなのです。

スマートコントラクトを活用した業務効率化

ブロックチェーン上でスマートコントラクトの技術を活用すれば、契約の効率化ができます。契約に関わる第三者機関を介さずに、契約業務を自動化することができます。証券取引・不動産取引・ローンなどの契約が複雑なものを簡素化する役割が、多くの人に期待されているのです。

スマートコントラクトによる不動産取引の自動化

スマートコントラクトは、コンピュータが読めるような契約書を作成し、売主と買主の名付きでブロックチェーンに登録することで自動で契約を締結することができます。法執行機関が関与しないので、大幅に契約業務が短縮化できるのです。不動産取引は重要事項説明をはじめ、たくさんのプロセスがあります。また、契約書を作成して双方で保管するスタイルにより契約が行われているため、契約の自動化とは程遠い状況です。しかし、スマートコントラクトを採用することによって契約書を電子化できて、契約に付随した資金決済や登記情報も一緒に登録することができるのです。スマートコントラクトの登場によるメリットを解説していきます。

メリット1不動産契約の情報の記録・管理の簡素化

不動産売買の仲介をする場合は、さまざまな役所に出向いて物件情報を入手しなければいけません。また、過去の物件の価格や修繕履歴などについての情報がない場合も多いです。しかし、スマートコントラクトが登場することによって、不動産契約情報を一元化することができるようになります。過去の取引情報などもすぐに取り出すことができるようになるのです。法務局に出向き手続きをしていた登記手続きなどの効率化が見込めます。また、不動産取引はトラブルが発生することがあります。セキュリティが高まるので、不動産取引の安全性が高くなる効果も見込めるのです。

メリット2複雑な処理が実現できる

スマートコントラクトの登場により、取引内容が自動登録されていきます。そのことで、株式の売買を記録するように不動産の個々の持ち分や規模や金額を確実に追跡することができます。このため、不動産の複雑な情報の処理ができるようになるのです。

メリット3不動産投資にも大きく貢献

スマートコントラクトを活用すると、不動産契約内容や取引情報を自動登録できます。この流れは不動産投資にも大きな影響をもたらします。IT技術が進み投資方法として資金調達の小口化が進んでいます。不動産の資金調達を小口化することで、少額からの不動産投資が可能となったのです。

しかし、このような小口化の不動産投資には問題があります。投資には取引手数料が発生することがほとんどなので、少額投資で利益を大幅に獲得するのは非常に難しいのです。実際の利益は少なくなってしまうでしょう。このようなデメリットを克服するために、すべての手続きを自動化していき、決済期間や仲介業者などの第三者を不要にする動きを目指してシステム開発されています。このスマートコントラクトの流れが確立されれば、取引手数料を大幅に下げることができるでしょう。少額投資でも大きく儲けることができるようになるのです。

不動産業界に革命を起こすブロックチェーン技術

不動産業界は、過去の修繕履歴や登記情報など情報が煩雑化しています。しかし、ブロックチェーンの技術が発展していけば、不動産情報の履歴を簡単にまとめることができるのです。そのことによって、不動産取引上のトラブルも減るでしょう。ブロックチェーン技術の発展は、不動産業界に大きな革命をもたらすことになるのです。たびたび、ニュースにも取り上げられているので、不動産業におけるブロックチェーンの技術の開発をチェックしておきましょう。