リビンマッチから学ぶ!不動産契約のポイント

ひとくちに不動産契約と言っても、様々な形の契約が存在します。リビンマッチでは多くの不動産契約に対応していますので、ニーズに合わせた不動産契約を選ぶことをお勧めしています。現状、リビンマッチが対応しており、一般の私たちが関わるであろう不動産契約は以下の通りです。

・不動産売却
・不動産買取
・任意売却
・賃貸管理
・土地活用
・リノベーション
・注文住宅

以上のように、リビンマッチは豊富な不動産契約に対応しています。不動産売却ひとつとっても、リビンマッチは1,400社以上の不動産会社と提携しており、簡単な手続きで最大6社から売却額や条件について査定を受けることができます。もちろん査定を受けたからといって必ず契約しなければいけないわけではありません。また、忙しい方にとっては電話ではなくメールのみで連絡したい、という方もいらっしゃることでしょう。リビンマッチでは「メールのみの連絡を希望」とすることもできます。

リビンマッチを利用した査定はあくまで情報収集の段階です。どんどんリビンマッチを活用して、より良い不動産取引を実現する第一歩を好調にスタートしましょう。

さて、情報を収集したのちには不動産会社を通して不動産契約に入ります。契約は法的な拘束力を持つため、とても重要です。以降では不動産契約において注目すべきポイントを解説します。

不動産契約の内容をよく見よう

一般に「不動産契約」といえば「売買契約」のことを指します。端的に表現すると、売買契約とは「いつまでに、いくらで、どのような条件で売買するか」という約束のことです。取り決める内容は多岐に渡りますが、特に重要なポイントをご紹介します。

以下に、公益社団法人「全日本不動産協会」が示している売買契約のポイントを要約して紹介します。

1. 契約は原則として自由である

これは「売買契約は自己責任で締結するものである」ということに他なりません。重要な条件が不明確だと、後々のトラブルになりかねません。契約書には隅々まで目を通し、少しでも疑義が生じたなら不動産会社や売買の相手へ確認を取りましょう。

2. 慣習として手付金の受け渡しがある

不動産売買においては、契約締結時に「手付金」と呼ばれるお金を買い手が売り手へ渡すことが慣習となっています。売買契約の際は、手付金が幾らになるのか、どのタイミングで支払うのか、手付金が返還される条件はどのような場合か、詳細に把握しておきましょう。

3. 不動産契約は簡単には解除できない

不動産の売買契約は売り手と買い手の双方に強い信頼関係がなければ成立しない契約です。いったん契約を締結したならば簡単には解除できません。とはいえ、契約を解除できる場合もあります。ローン特約が最も分かりやすい例でしょう。これは買い手が住宅ローンを受けられなかった場合、買い手は無条件で契約を解除できる、というものです。売買契約にあたっては契約解除の要件も確認しておきましょう。

4. 売り手の瑕疵担保責任を理解する

買い手は実際に不動産の引き渡しを受けるまで、不動産の状態を隅々まで知ることはできません。したがって、引き渡された不動産に買い手が知り得なかった瑕疵(不具合)があった場合、売り手が補償することが求められます。これを瑕疵担保責任と呼びます。売買契約を締結する際は瑕疵担保責任の範囲、期間、補償の方法などをしっかり確認しましょう。

以上、やや駆け足気味な説明となりましたが、不動産契約の内容を確認することの重要さを少しでもお分かり頂ければ幸いです。リビンマッチのコラムには不動産契約に関する解説が豊富に掲載されています。読み物としても面白いため、是非とも目を通してみてください。

コメントを残す