《リビンマッチ》賃貸借契約書・家賃滞納編

賃貸経営を行うオーナーさんにとって気になる項目家賃の滞納者への対応。アパート経営やマンション経営をする賃貸オーナーさんは、どなたでも安定して家賃の回収をおkなっていきたいと思うものでしょう。

賃貸経営計画を立てる上でも、大規模修繕や空室率と並んで家賃滞納者の対策は重要になります。今回は賃貸借契約書の記載に合わせて、滞納者が出た時の立ち退きと強制退去について紹介していきます。

この記事は、リビンマッチコラム『家賃滞納は何ヶ月続けると立ち退き対象になるのか』を引用しています。さらに詳しいコラム内容をご覧いただきたい場合はリビンマッチのサイトをご覧ください。

 

 

賃貸借契約書に基づく対応

借主が家賃滞納を続けていたら立ち退き(強制退去)させられるのか?

これについては必ず、賃貸契約書に記載を行う必要があります。賃貸契約書への記載は滞納者への対応を行う上で重要な根拠となるものです。一般的な賃貸契約書では、2ヶ月以上の滞納があった時など契約解除の条件を謳っていることが多い傾向があります。

 

賃貸契約書での記載に沿って、一定期間以上の滞納があった場合には契約違反として契約解除を通達すること、立ち退きを求める事ができます。

とはいえ、契約書への記載があるからのといって、借主が簡単に立ち退いてくれることは非常に困難であると言えます。

契約違反であるから、強制的な執行が可能であるとして、鍵を勝手に交換したり、強迫的な言動や行為を行うなどの実力行使は非常に危険です。借主との関係を悪化させる要因となるだけでなく、却って部屋を使えない事の補償や損害賠償を請求される場合もあるのです。

借主は賃貸契約書での契約があるといっても、借地借家法や消費者契約法、消費者保護法など法的に保護されている面が多いのです。まずは、話し合いによる立ち退きを目指すのが重要です。難しい場合は契約に基づいて裁判で決着する必要があります。借主の立ち退きには、契約違反だけではなく、社会的通念などによっても立ち退きはやむ終えないと裁判所から認められることがあります。裁判所での判決に基づき強制退去の許可を得ることが大切なのです。

 

アパート経営やマンション経営を行う場合には、あらゆるリスクに備え契約書を整備していくだけでなく、法律に違反することなく慎重な対処を行うことが大切です。

今回はリビンマッチコラムより、『賃貸借契約書』に基づいた家賃滞納者への対応を解説させていただきました。

コメントを残す