不動産契約ガイド・火災保険

イメージ

「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「不動産契約ガイド・火災保険」です。

不動産にまつわる契約事項をリビンマッチ好きの管理人が解説しています。今回解説するのが、火災保険。マンションやアパートを保有するオーナーにとって火災は大きなリスクの一つであるといえるでしょう。火事になった際の損害を補償する火災保険の契約について解説します。

こちらのコラムはリビンマッチコラムより引用しています。詳細をご覧いただきたい場合は、リビンマッチをご覧ください。

 

賃貸経営を行う方必見!火災保険の契約について

マンションやアパートを経営する場合に必須となる火災保険。賃貸経営を行っている皆様の中には、火災保険に加入している方も少なくないかと思います。賃貸併用住宅の場合の火災保険の契約では、オーナーの住居部分についてはオーナーが加入し、賃借部分については借主が火災保険に加入することになることを知っておく必要があります。

オーナーと借主とでは、加入すべき火災保険の内容は異なります。

火災保険の内容

火災保険には、火災以外にも風災補償や水災補償など、いろいろな補償を付加することができます。地震や台風、浸水等のニュースを耳にするかと思います。所有する物件の状況に応じて火災保険の中にこれらの補償を追加することも大切です。

 

それぞれの補償内容について簡単に解説します。

・風災補償:台風や暴風雨による土砂崩れなどで家屋に生じた損害を賠償します。

・水災補償:台風や暴風雨などによる川の氾濫・高潮や雨漏りにより家屋に生じた損害を補償します。

・爆発補償:ガス爆発などにより生じた損害を補償します。

賃貸業では様々な借主さんがいます。それだけに思いをよらないリスクに備えることも必要となってきます。上記で解説した補償の中には、まとめて火災保険内のプランとして含まれているもの、改めてオプションとして契約を追加する必要があるものがあります。保険会社によって契約は様々であり、取扱いが異なります。現在火災保険を契約している場合についてもよく契約書を確認し、どんなことに補償を受けることができるのか、またどのような場合が除外となるのか確認するようにしましょう。

住まいのための契約・火災保険の選び方

火災保険の内容や価格は保険会社によってもさまざまなものがあります。特に火災保険では、床面積や契約年数に加えて家屋の構造・家屋がある都道府県によって、毎月の積立金額や補償が異なるなど、しくみはわかりやすいとはいえないものです。

不動産売買や、賃貸管理同様、複数の保険会社の見積もりや資料を取り寄せることが大切です。土地活用を行っている方の中にはリビンマッチを通して管理会社への問い合わせを行っている方もいらっしゃるかと思います。管理会社等にオススメの保険や必要な補償について相談してみることが有効となる場合もあります。というのが、補償内容について物件の立地条件を考慮に入れて取捨選択していくことが有効であるからです。

例えば台風の多い地域であれば風災補償を加える、海岸や河川に近い地域であれば水災補償を加えるといったように組み合わせていくことが有効です。水災補償といっても、水道の閉め忘れなどによる水漏れは補償の範囲となりませんので注意してください。水漏れが原因で賃借人など他の人に損害が生じた場合については、水災補償ではなく賠責保険の対象になります。補償内容がわからない場合には保険会社への問い合わせを行うことが有効です。

 

火災保険契約・オーナー・借主の違い

住まいにまつわる保険契約として、その他にも、家具や設備に被害が及んだ時のために家財保険も加入しておくこともオススメです。また、水漏れなどで賃借人に対して賠償責任が生じた時のために、賠償責任も付加しておくのが間違いないでしょう。

借主に対して火災保険の加入を進めることも有効です。その場合に、賃貸借契約の条件に加えるとよいでしょう。火災保険の加入は法的義務ではありませんが、賃貸住宅では借主の不注意によるボヤは意外に多いものです。

 

また賃貸併用住宅の場合、オーナーの住居と賃貸部分は一つ屋根の下で繋がっているため、万が一借主の不注意が原因で火災が起きた時には、オーナーの住居部分や家財にも損害が生じやすい構造であるのです。補償内容は賃借部分の火災保険に加えて借主の家財保険、賠償責任保険を付加しておくのが一般的であるといえます。ちなみに賠償責任保険には、個人賠償責任保険と借主賠償責任保険があり、それぞれ賠償する先が異なります。基本的に、借主賠償責任保険は加入してもらったほうがいいでしょう。

火災保険は医療保険と違って頻繁に加入する機会もないため、あまり馴染みがないかもしれません。家財保険と賠責保険は加入するようにし、風災補償や水災補償については立地条件などを考慮して決めるとよいでしょう。