《リビンマッチ》期間限定賃貸契約・リロケーション物件

予定を入れる

リビンマッチ好きの管理人が連載する不動産契約解説サイト。今回解説するのがリロケーション物件です。リロケーション物件とはいったいなんなのか?そう疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。リロケーション物件は、移転や配置転換を意味する英語Relocationから由来しています。転勤等の事情によってある期間自宅に住めなくなった場合、留守宅をどうすればよいのでしょうか。このような場合、期間限定での賃貸契約を行うことが増えてきています。

このような形態での賃貸物件が現れた背景には、平成12(2000)年の借地借家法改正で「定期借家権」が導入されたことにあります。改正により賃貸借期間を限定した契約締結が法的に可能となったのです。リロケーション物件は借主にとっても大きなメリットがあります。

リロケーション物件の借主側のメリット

リロケーション物件のメリットは、なによりも構造面や設備面で優れた分譲用の物件を、相場よりも割安での借りることができることにあります。また、物件によっては契約期間中に更新料を設けていないケースもあるようです。

 

リロケーション物件の注意点

魅力が多いように感じられるリロケーション物件、期間のある賃貸契約ですが注意も必要です。いずれ戻ることを考えた場合、借主が物件に大きな破損を加えるような人物であった場合、近隣とのトラブルが生じた場合等ではオーナーにとって大きな問題となります。

入居審査等厳重に行う必要があるといえるでしょう。

今回は、2000年より可能となった期間限定の契約についてお届けしました。リビンマッチでは不動産売買の相談だけでなく、賃貸物件の相談も可能です。上手にリビンマッチサイトを活用し、最適なパートナー選びを行ってください。

コメントを残す