「リビンマッチ・不動産契約解説サイト」今回は「媒介契約とは」です。

リビンマッチでは不動産の売却価格を一括査定を行うことが可能です。
一括査定を行ってもらい、気に入った不動産会社があった場合には
その会社と媒介契約を結ぶこととなります。

今回もリビンマッチコラムより媒介契約について解説致します。

不動産を売却する為には、不動産会社と「媒介契約」を結ばなければなりません。媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、どれを選ぶかで悩まれる方もいるのではないでしょうか。西鉄不動産株式会社 大手門本店 佐藤店長にお勧めの媒介契約はどれなのかを伺いしました!

不動産会社側からすると専任契約や専属専任契約を結んでほしいと思うのですが、売主様にお勧めの契約はどれなのでしょうか。結ぶ媒介契約の種類以上に、その営業マンに不動産の売却を任して大丈夫かどうかというところが一番大切だと思います。ただ、専任・専属専任媒介契約と一般媒介契約で大きな違いがあるのが、専任・専属専任媒介契約の場合は、不動産会社が売主に売却活動の報告の義務があると言うことです。一般媒介契約の場合は売却活動の報告もいらないし、極端に言えば売却活動をしなくてもいいことになります。この点は大きな違いですね。

では、一般媒介契約では不動産が売れにくいのでしょうか。

それも営業マンによって違うと思います。営業マンによってはほったらかしになる可能性があります。ただ、立地等が良い不動産であれば、一般媒介契約でも専任・専属専任媒介契約でも関係なくすぐに買い手は見つかるでしょう。
一方で、難しい物件を一般媒介契約にすると、ほったらかしになる場合があります。専任・専属専任媒介契約の場合は、契約期間が3ヶ月と決まっています。しかし、一般媒介契約はそういった契約期間が決まっていません。つまり半年でも1年でもほったらかしになる場合があるのですね。

なるほど。では、専任媒介契約や専属専任媒介契約の方が売れる可能性が高くなるのですね。

媒介契約選び

しかし、かといって専任・専属専任媒介契約が良いことばかりではありません。先ほど言ったように、専任・専属専任媒介契約の場合は、契約期間が3ヶ月と決まっています。つまり、専任・専属専任媒介契約を結んだ会社は3ヶ月以内に売れであろう金額を提示ことになるのですね。4ヶ月目にそれ以上の値段で購入したい人が現れるかもしれませんから。結果的にどちらが良いのか悪いのか、ということは断言できません。

一般媒介契約、専任・専属専任媒介契約とこだわるよりも、不動産の仲介は、その営業マンがどれぐらいの能力があるかということの方が一番大きいな部分です。

販売促進ツールなどは不動産会社それぞれ用意されているものです。それを活用して更に営業マン自身がどれぐらい活動できているかということですね。一般媒介契約、専任・専属専任媒介契約に限らず、頼んだ会社がきちんと自分の不動産をインターネットのサイトに掲載しているかといったことは確認した方が良いと思います。

そういったところで、きちんと活動してくれるかどうかを判断するのですね。

また、どんな感じでサイトに掲載してくれているかもチェックした方が良いと思います。より売れやすい様に写真などにも気を使って掲載してもらえているかですね。お客様の中にはそういった掲載の写真が綺麗に掲載されていたからといった理由で、一般媒介契約を解約して、その会社に専任媒介契約を結び直した人もいらっしゃいます。
結局は、その不動産に一番詳しいのは売主さんになります。つまり、ネットへの掲載に対しても、もっとこういうところを載せてほしいといった注文もするべきです。

大切な不動産の媒介をお願いする業者ですからきちんと比較して選んでいただくことをお勧め致します。リビンマッチを使って比較を行った場合とリビンマッチを使用しない場合で売却価格に大きな差が出たとのアンケート結果もあるようです。